読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開国日誌

この日誌は異人ぺるりが書いたものを、魚屋 魚田政太郎(魚政)が翻訳したものです。

魚屋御難

f:id:uomasa:20111019204508j:image

過日。

魚屋*1が来て、腰痛を訴えて帰る。

この不況下に、魚屋だけでは食べて行けず、副業に出掛けたのが祟り、一月せぬうちに胃痛と腰痛を患っていると言う。

おまけに、休日頭痛という、休みの日になると頭痛になる症状も頻出していると言う。

なんでも、平日、仕事中は緊張で脳の血管が収縮しているのが、休日になると、緊張がとけて、血管が拡大するせいで痛みが出るのだそうだ。

脳の中の血管は見えぬが、魚屋の額には、左右に一本ずつ立派な血管が走っている。

額の血管が、呼吸をするかのように、縮んだり、開いたりしている様子を思い浮かべていたら、気持ち悪くなって来たので、浦賀に向かって 空砲を発射した。

 

 

開国の日も近い。

 

※ 翻訳:魚田政太郎